みこ、ねこ、時々ブライダル ~きっと毎日がしあわせ~

大好きな猫、突然出かけるプチ旅、興味津々美容…そして結婚式♡ 「ブライダルMCみこ」からのお便りです☆

美容院での出来事

皆さんこんばんは☆

 

先日、だいたい一か月に一度の美容院へ行ってきました☆

最近は、帰りに次回の予約を入れていくのですが、12月下旬に入れた予約が1月25日 木曜日。

名古屋にも雪が降り、とてもとても寒くなった一日です。

 

この日の最高気温が3℃。

最高 3℃ って …。なにかの間違いであれ!

 

あまりの気温の低さに、よりによってこんな日に…と ギリギリまで 家を出る覚悟が出来ずにいましたが

予約してあるんですもの。 私のために枠を取っててくれてるんですもの。

行かねば、行かねば~~~!と 己を奮い立たせ、出かけて行ったのでした。

(当然ダロ)

 

トップスはインナーにユニクロの極暖を2枚重ね、ボトムスはユニクロのブロックテック。靴下もちゃんとユニクロヒートテックを履いて。

ユニクロ防備で、いざ 出陣。

 

今の美容院は7年くらい通っているのかな。

けっこう色んな所をさまよったけれど、ようやく、信頼できて、あったかい手をもった美容師さんに出会えたんですね♡

 

でも、ひとつ問題は、その美容室をわたしがあまり好きじゃないということ。。。

 

通りに面したサロンなんですが、入ってすぐ、受付兼レジがあります。

そのまま奥に長いお店なので、入るとすぐに店内を見渡せるわけです。

 

その日。自動ドアを ウィーーン と入ったら、受付でFさん(女性)。

玄関マットの交換が終わったダスキンの方と雑談中。

 

雑談中。

 

私は、モロ、Fさんの視界に入っていったわけであります。真正面からです。

気付かなかった   のかなぁ…

こちらへの反応、なし。

 

奥で接客中の(名前知らないけど)金髪さんと、その奥で接客中のMさん。(ともに女性)ふたりして、こっちを見たけれど 気付かなかったのかなぁ…

反応、なし。 

 

わぉびっくり。

このお店、いらっしゃいませって だーれも言わないーーー!!

 

とはいえ、なんというか、いつもの事ですから、ホントはそんなにびっくりすることもなく 笑

待合の椅子に座りにいきました。

新規のお客様だったら、いらっしゃいませが無いと、気付いた?とか、予約できてない?とか、何かと不安になっちゃいますよね…。 

そもそも金髪さんとMさん なんのためにこっち見たんだろ? そして誰であったらいらっしゃいませを言うつもりだったんだろ…。

 

ダスキンの方がお帰りになってから、Fさん。「荷物預かりますね~」って来るんですが、このFさん。

 F。

いっつも気になっているんですが、全体的にだらだら感 というか 歩き方はかかとを引きずってて少々だらしなく、表情はニコリともせず、相手の目を見ず…

見ざる、笑わざる、かかと上げざる。

 

接客業としては どうなんだろう、って接する度に思うわけです。

ダスキンの男性の方とは、とってもにこやかにおしゃべりされていました。)

 

そして、荷物を預かり、その後のご案内の声かけはなく、そのままどこかへ行ってしまいました。

 

数分後。

数少ない、”感じの良いスタッフ”・わたしの担当のHさん(女性)が小走りで来て、お席に案内されたわけですが…。(私が入店したときは、シャンプーをしていたみたいで、姿が見えませんでした。)

私とのカウンセリング中に、新しいお客様が入ってこられたんですね。

自動ドア ウィーン って。 

その時は同じフロアに6人くらいのスタッフがいたんですが。

そしたら、会話の一瞬のスキをついて、「いらっしゃいませ~」 と言ったのは

私の担当者、Hさんだけでした。

 

会話の加減で必ずしも毎回言えるわけではないかもしれない、

それにしても6人中、ひとりって…。

わたしのHさんだって会話中でしたし、、、。

いえ、そもそもお客さん3人ですし。単純に一人に二人ついてれば、何人かは声出せません?

 

Hさん、半年ほど前に結婚されて、今は週に2回だけなんです、悲しい。

 

お店にとっては絶対に必要なHさんの出勤が減ってしまったことで、

あのお店の「いらっしゃいませ」文化も無くなってしまったんですね。。。

残念ながら、Hさんが居なかったら絶対に選ばない美容院です。

 

ちなみに、Hさんはシャンプーもとっても上手で。

でも忙しいから、なかなかHさんにしてもらえることも少なくて。

 

以前、Mさんがシャンプーをしてくれた時なんて、

洗い足りないところだらけで、翌日かゆくてかゆくて フケだらけになりましたし。(その場で言わない私も悪かったけれど、翌日そんな状態になるなんて思わなかったから…)

 

次に行った時Hさんに、(Mさんだとは言わず)こういうことがあって、なるべくシャンプーもHさんにしてもらえたら嬉しい、、、と伝えましたらそれ以来、Hさんがしてくれるようになりました。

 

オーナーはちゃんとわかっているんだろうか…。

大きなお世話ですが、正しく評価してくれていることを

わたしはただ、願うばかりです。

 

そして、いらっしゃいませの一言で 印象がこんなにも大きく左右されるという事。

同じ接客業として、勉強になります。

あまりにも基本すぎる「挨拶」について、改めて考える良い機会になりました。

 

どんなに忙しい状況であろうと、

笑顔で「いらっしゃいませ」を言える人間であろうと誓うことになった、美容院での出来事です。

 

『うちのおじょうさん』

 

☆☆☆

 

ぼくもそろそろ けぞめしよかな…

 

☆☆☆

 

重ねてご案内しますが、女の子です。

 

   読者になってくれる方を募集中です☆

   気に入って頂けましたら下のボタンをポチっとお願いします(^^)

    ↓↓↓

   

    ↑↑↑

 

 

ではまた!!!