みこ、ねこ、時々ブライダル ~きっと毎日がしあわせ~

大好きな猫、突然出かけるプチ旅、興味津々美容…そして結婚式♡ 「ブライダルMCみこ」からのお便りです☆

永遠に、好きなヒト

 

突然ですが

私には好きな人がいるようです。

 

時々飲みにいくお店のオーナーで

Mくんといいます。

 

最初の出会いは、、、

多分、7~8年前。

 

それはまだ私がお酒大好きで、夜な夜な(?)飲み歩いていた時の事です。

 

何度も通うお店ではなく、行ったことがあるお店。

かわいがってくれていた、クラブのママに連れて行ってもらった一軒のお店でした。

 

クラブのママは3歳年上で

バーで知り合い

たまたま高校が同じだったことでお近づきになれて

姉妹?といろーんな人に聞かれるくらい、似ていることもあったからなのか

よく遊んでもらっていました。

 

やがて、ママも

大好きな人と結婚しました。

今から3年ほど前です。

 

それまでもそれからも、そして今も時々

一緒に飲みに出ていますが

 

いつからか、行くお店は3件に絞られ。

 

毎回その3件を廻って、浴びるほど飲む、という 夜遊びの会です。

 

そんな流れになったのは

3~4年くらい前からでしょうか。。。

 

その中の一件に

M君のお店があるわけですね。

 

昔は、どのお店にいっても比較的楽しかった。

でも、時代とともに

なのか

こちらが年を重ねているからなのか

 

素で「楽しい!」と思えるお店、

無理なく自然に楽しめるお店が

どんどん減っていきました。

 

いま巡る3件は

貴重な3件です。

 

Mくんの何が良いのか。

 

わかりません。

 

見た目は、韓国風かな、

好きな人は、好きでしょう。

私のタイプとは違いますが。

 

男性のお客様からも好かれていて、上手に接客していて

水商売の女の人にも人気があって

かっこつけではなく。

適度に毒舌。

 

まぁ、よくある水商売の男性のタイプでしょう。

 

あ、年下。

6つ下だったかな。

 

どこが、どう。というわけではないけれど

 

時々会えば、やっぱり好きだなぁ~~~と心がホワッとする感じがする

Mくん。

 

彼の雰囲気、全体的な性格、時々垣間見える素の一面、テキトーーーーな会話のキャッチボール

全部 心地よい。

 

彼の特別な人になりたい、

いつか、いつの日か と

望むわけでもなく

 

ただ、会った時に

ひそかに胸をときめかせているだけで満足なひと。

 

私にとって、、、変な存在のひと。笑

 

私にとって、(勝手に)特別なひと。

 

時々彼を思うと、ふとこの言葉が浮かぶのです。

 

 

永遠に、好きなひと。

 

 

そう、

私にとってMくんは

ただ、永遠に、好きなひとなんでしょう。

 

そんな人が一人、いるのも

いいものです。笑

 

 

この、穏やかな恋のようなものは胸の奥に閉じ込めて

そして時々、その感情を引っ張り出してきて

 

恋する乙女風の自分を

楽しんだりするわけです。

 

 

さ。

まもなく、Mくんのご尊顔を拝する日がやってきます。

 

 

久々の胸のトキメキが、

楽しみです♡

 

 

 以上、

ほんとーになんでもないただの日記

お付き合いいただき

ありがとうございました。

(・∀・)